「自信がない」を克服するための5つの思考術

「自信がない」を克服するための5つの思考術
仕事で失敗をして自信がない状態になることってありますよね。新しいことを始めようと思っても、自信がない為に一歩が踏み出せないこともあるでしょう。自信がない時は何をやっても上手くいかないもので、時には、自信がない状態から立ち直ることさえ難しいこともあります。

自信がない人から見れば、自信のある人は「とても凄い人」に映るかもしれませんが、決してそんなことはありません。自信のない人と自信のある人の差は、考え方やものの捉え方の違いだけなのです。つまり、それらを変えるだけで、自信のない状態から脱け出せるのです。

誰しもが、いかなる時でも自信の持てる状態でありたいはずです。そこで今回は、自信がない状態を克服するための5つの思考術をお伝えします。



 

「自信がない」を克服するための
5つの思考術

 

自分を楽にする考え方をしよう


常識からはみ出してはいけないとか、周りの目線、自分に対するイメージにとらわれ過ぎてしまうと、心身ともに窮屈になってしまいます。このような状態では、「枠からはみ出てはいけない」という気持ちになって何をするにしても気持ちが硬くなり、リラックスも出来ないので、当然自信もつきません

自信がないと発想は常に後ろ向きになってしまいますし、ほんのわずかな失敗でも自分を責めてしまい「やっぱり自分はダメだ・・・」と、さらに自信がなくなってしまいます。

このような時は、自分を楽にしてあげましょう。失敗した時は、「こうしたら失敗すると分かったので成長した」とか「たまたま調子が悪かっただけ」と考えてみて下さい。これだけでも、失敗を許せますし、気持ちは楽になるものです。

周囲の目線や自分に対するイメージも、極度に気にする必要はありません。それは、周りが勝手に作ったもの。自分がどうあろうと周りは周り、割り切ることも必要です。

 

小さい目標を一つずつ達成しよう


仕事や日常生活において、目標を設定している人は多いでしょう。目標を設定すること自体は良いことですが、中にはとても高い目標を立てている人もいるのではないでしょうか。

高い目標というのは、簡単に辿り着けるものではないので、頑張っても頑張っても目標に近づけなくなってしまいます。目標をなかなか達成できないことで、自信がなくなり後ろ向きになってしまうのです。

逆に言えば、達成感を得られれば自信は付きます。なので、目標は高くするのではなく、低く設定してみて下さい。そうすれば、目標はすぐに達成出来るので達成感が得られます。そうしたら、次の目標を立て、達成すれば次の目標というのを繰り返していくのです。小さな達成でも積み重ねることによって、自信は付いていくのです。

 

人の役に立っていると認識しよう


困っている人を助けたり、悩みの相談に乗ってあげたりして「ありがとう」と感謝されると、嬉しくなりますし、「人の役に立った」という自信にも繋がります

ところが、普段の仕事では、なかなか面と向かって「ありがとう」や「助かった」という声は聞けません。むしろ、やって当たり前という空気が流れているものです。そうすると、誰にも認めてもらえないように感じてしまい、自信がなくなってしまいます。

そんな時は、よく周りを見て下さい。どんな仕事でも、必ず誰かの役に立っているはずです。例えば、自分がこの仕事をするおかげで、他の人は別の仕事に集中出来るとか、資料をまとめたから会議がスムーズに進んでいくとか。

自分は、人の役に立っているのだと強く認識すれば自信は付いていきます

 

自分の良いところを褒めよう


自信を持つには、自分で自分を褒めることが一番なのですが、なかなか簡単には出来ないですよね。自惚れていると思われたくありませんし、どうしても自分の短所ばかりに目がいってしまうものです。しかし、短所ばかりに目をやってしまうと、自己嫌悪に陥って自信がどんどんなくなり、その状態がいつまでも続くことになってしまいます

ここは、思い切って自分自身を褒めて下さい。「褒める」と言われると、たいそうなことを成し遂げないといけないと考えるかもしれませんが、内容はどんな些細なことでも構わないのです。

例えば、「今まで会社に遅刻したことがない」「運転する時は必ずシートベルトを締めている」といった、ある意味「当たり前」と言われることでもよいのです。大事なのは、自分の良いところを日常生活の中で発見し、その都度「褒める」ことによって自信が付けていくということです。

 

どんな自分も受け入れ肯定しよう


誰しもが短所を持っており、その短所を改善する為に、努力を重ねている人もいるでしょう。もちろん、努力を重ねることは素晴らしいことですが、いつまでも短所が改善されないと「自分は本当にダメだな」と思ってしまいますよね

自分がダメだと決め付けても、何も良いことはありません。むしろ、短所もありのままに受け入れ、自分を肯定しましょう。自分を肯定することによって、ポジティブな考え方になり、自信が付いていくはずです。

必ず自分の長所を見てくれている人はいます。自分を必要以上に悲観しなくても大丈夫です。

 

いかがでしたか。「自信がない」を克服するには、ほんの少し考え方を変えるだけなのです。自信のある人の考え方は、決まって「前向き」です。なので、自信がないことを克服するには、何でも「前向きに考える」ことがとても重要になります。

とは言っても、今まで前向きに考えることが苦手だった人が、いきなり前向きに考えろと言われても難しいものです。そこで、今回お伝えした思考術を取り入れていくと、徐々に前向きになり、必ず自信を付けることが出来ます。

自分に自信が付けば、新しいことにも挑戦出来ますし、仕事も迷うことなくテキパキとこなせます。そして、日常生活も輝きに満ち溢れるでしょう。自信がない自分を脱ぎ捨て、新しい自分をぜひ始めましょう。

まとめ

「自信がない」を克服するためは

・失敗を許し、自分を楽にしよう
・目標は小さくし、達成感を得よう
・自分は人の役に立っていると認識しよう
・自分の良いところを自分で褒めよう
・短所も受け入れ自分を肯定しよう