コミュ障な私が就活で成功した5つの理由


「コミュ障だと就活を成功できない」というイメージがありますよね。確かに、コミュニケーションがうまく取れないと、面接もスムーズに進まないことが多いのが現実です。

しかし、コミュ障でも就活に成功することは可能です。面接に臨むための準備をきちんとしておけば、本番で何も出来ずに終わってしまうことは、避けられるはず。もし、失敗しても、次につなげる準備をすれば良いのです。

コミュ障だから就活も出来ないというイメージを、自分の中で覆してみたいと思っている人は多いことでしょう。では、就活で大切な「伝えること」が苦手であるコミュ障の人にとって、どんな対策を練っておくべきなのでしょうか。

そこで今回は、コミュ障でも就活で成功するポイントをお伝えしていきます。



 

コミュ障な私が就活で成功した
5つの理由

 

たくさん練習をしよう


コミュ障でも就活を成功させるためには、とにかくたくさん練習をすることです。練習だと分かっていても、なかなか最初はスムーズにいかないことも多いです。練習で出来ないことを本番でおこなうのは難しいですから、たくさん練習しておいて損はありません。

やり方として、例えば目の前に鏡を置いて自分の表情を見ながら練習することもできますし、スマホで録画してみるとどんな様子で話しているかを客観的に把握できます。把握できれば、あとは改善をしながら練習を重ねるだけです。

「一人じゃなかなか出来ない」という人は、家族や友人に練習を手伝ってもらいましょう。良かった点や直すべき点を挙げてもらうと、より改善につながりやすくなり、コミュ障な人も就活に成功しやすくなります。

 

話すことに慣れよう


コミュ障で就活が大変だと思ったら、就活以前に話すことに慣れてみましょうコミュ障で悩む人の多くは話すことが苦手なだけなので、いろんな人と会話をすることで克服に近付くため、コミュ障でも就活に成功しやすくなります。

コミュ障で就活に失敗してしまうという人は、面接官との受け答えがスムーズでなかったり、会話のキャッチボールが成り立っていないことが多いので、いろんな人と話すことで、話し方や声のトーンなど、どうすればもっとスムーズに話せるかを習得できます。また、話してみることで、イメージトレーニングなどとは違った改善点にも気付けるので、コミュ障克服と就活成功の両方を手に出来る可能性が高まりますよ。

 

第一印象を大切に


人の第一印象のほとんどは、最初の見た目で決まります。これは就活に限ったことではありませんが、第一印象を大切にすることでコミュ障でも就活に成功できます。たった数十分の面接でたくさんアピールすることは難しいですが、好印象を与えることはほんの一瞬です。その一瞬を変えるだけで、コミュ障な人も就活が順調に進んでいくでしょう。

また、第一印象だけでなく、面接における基本的なマナーを守ることも大切です。時間をきっちり守ることや、身だしなみを整えるなど、出来ることは端から端までおこないましょう。

 

自己分析で自分を理解する


就活において、自分のことをよく知っておかなければ、受け答えが難しいことも多いはず。さらに、受け答えだけでなく「自分を魅せるポイント」を把握しておくのも、コミュ障でも就活に成功する秘訣です。

自分の良いところを知って、それをどのようにアピールするのかを考えてみましょう。一見、普通なことのように思えても、磨きをかければとても大きなアピールポイントにつながることもあります

アピールポイントを把握するためには、自分の長所を知っておきたいところです。長所とまで言えるところでなくても、例えば笑顔が素敵なところのように、何気なく好印象を与えられるところも潜んでいますよ。

自分一人ではなかなか挙げられないこともあるので、家族や友人に助言してもらうのも良い手でしょう。

 

面接結果を気にしすぎない


就活では、コミュ障だろうが何だろうが、落とされることは当たり前のようにあります。そんな結果を気にして、「コミュ障だから就活もうまくいかないんだ」なんて思ってはいけません。自信を無くしてしまうだけです。

コミュ障でも就活を進めていくことは十分可能です。落ちてしまったら、その企業とはそういう縁だったと思うしかありませんし、何より次に向かっていくための「気持ちの切り替え」が大切です。

ひとつひとつの結果を真摯に受け止めることで、さらに良い方向へ改善していくこともできるので、最終的には採用されることが目標ですが、「受かった」「落ちた」だけを見ないことも必要です。

 

いかがでしたか。コミュ障でも就活を成功させられそうな気がしてきますよね。

就活では、一瞬の印象と数十分のコミュニケーションがカギになります。特に、印象を決めるのは最初の一瞬のうちだけですし、あとの面接で印象をガラッと変えさせることは難しいですよね。いかに自分を見せて相手の心を掴むのか、その意識も就活を大きく変えてくれるはずです。もちろん、コミュニケーションも大切ですが、まずは誰にでも出来ることをきちんと固めておきましょう

また、就活に挑むときにはしっかりと話すべき事柄をまとめておきましょう。文字を暗記して言葉にするだけでは、面接官にも響きません。受け答えや流れを意識して、臨機応変に対応できるように準備しておきたいですね。

ぜひコミュ障に悩む人も就活を成功させましょう。

まとめ

コミュ障でも就活で成功するには

・面接練習を重ねよう
・会話自体に慣れておこう
・好印象を与える努力をしよう
・自己分析で自分をしっかり理解しておこう
・結果を気にしすぎず次につなげる意識をもとう