目を見て話せない人の心理とは?心を開く5つのヒント

目を見て話せない人の心理とは?心を開く5つのヒント
相手の視線が気になって目を見て話せない、という人は意外に多いですよね。親しい人とは普通に話せるのに、初対面や苦手な人と目を合わせられない。しかし、克服して、目を見て話せるようになった人も大勢います

相手の目を見て話せないことが続くと、残念ながら相手にマイナスのイメージを与えてしまいます。これから仲良くなりたいと思っている人なら、なんとかして相手の目を見て話せるようになりたいと思いませんか。

そう思うのならあきらめてはいけません。相手の目を見て話す時は、自分の心を開いている状態です。自分の閉じた心を開けるために、まずは、簡単にできることから始めてみましょう。そこで今回は、目を見て話せない人に、ぜひやってほしい対策についてお伝えします。

 

目を見て話せない人の心理とは?
心を開く5つのヒント

 

相手を向いて聞く姿勢をアピール

相手を前にして、目を見て話せないのは失礼なことに当たります。だからと言って無理して直接相手の目を見る必要はありません。こんな時は、相手の顔を見ていれば、目を合わせなくとも不自然にはなりません

例えば、真剣な話をする時は、よく相手の目を見て話せ、と言われます相手が話をしている時、顔を伏せてしまったり、相手とは違う方を向いていると、話を聞いていないと思われます。さらに、自分は聞く気があっても、聞く気が無い態度だと思われてしまいます

一方、自分が相手に話をする際、顔を伏せたり、よそ見しながら話したのでは、相手も聞く気が失せてしまいます。目を見て話せないとしても、せめて相手の顔を見て、話したい気持ちがあることを相手に態度で伝えましょう

 

目を合わせやすい人から始める

目を見て話せないのに、いきなり初対面の人の目を見て話そうとしても、緊張してうまくいきませんよね。まずは、目を合わせやすい人から挑戦してみましょう家族や友人など、目を見て話せないことを解ってくれる人に、お願いしてください

目を見て話せない人の特徴は、自分に自信が無いことです。相手に目を合わせてしまうと、自信の無い自分がバレてしまい恥ずかしい、そんな思いがあるうちは相手の目を見て話せません。とはいえ、自分のことを解ってくれる人なら、こんな自分をやさしく受け入れてくれます。そんな親しい人の目を見ながら話をしてみましょう。なお、例え親しい人でも、いきなり深刻な話をしてしまっては、相手もびっくりしてしまいます。まずは日常の何気ない話から始めて、自分の心を開く練習をしてみてください

 

挨拶の時に目を合わせる

もし、相手に会った際に、いっしょに過ごしているのに1度も目を合わせないと、無視されていると感じます。今後、長く付き合う人だったら、自分に良い印象を持ってもらいたいものです。目を見て話せないとしても、印象をよくする工夫をしてみましょう

目を合わすのが苦手な人におすすめなのが、挨拶の時に一瞬だけよいので相手の目を見ることです。最初に会った時に、目を合わせられれば、会って全く目を合わせないよりは、確実に印象が良くなります。その後、たとえ目を見て話せないでいても、相手は安心していろいろと話してくれます。うまく目線だけ外して、相手の会話に付き合えれば、相手の印象は悪くなりません。さらに、別れる際の挨拶でも、目を合わせてみましょう。これで次回も、相手が会話に応じてくれるようになります。

 

相手が話す際に目を見る

相手の目を見て話せないのは、自分に自信を持てないのが原因です。自信の無い自分を隠そうとして、ついつい資料に目を落としたりして、相手から目線をそらしてしまうものです。とはいえ、会話は自分が一方的に話すものではありません。自分の話したことに対して、相手が答えてくれます。自信が無いのなら、相手が話をする時に、積極的に相手の目を見るように心がけましょう。相手は、自分が話してくれている時に目を見てくれると、真剣に聞いてくれていると感じます。

なお、相手の目を見る緊張に耐えながら、話す内容を考えるのは、誰にとっても大変なことです。しかし、相手の話を聞いている時は余裕があります。そのような余裕があれば、心を開くこともできます。相手の目を見て話せないかもしれませんが、相手が話している時に相手の目を見るのは、ハードルが低いので、ぜひ、やってみてください。

 

実践することで自信をつける

相手から話を引き出すことは、会話の重要なテクニックの1つです。相手に気持ちよく話してもらうためには、自分のことを信用してもらうことが必要です。会話では、相手は自分が見られていることで、信用してもらっていると感じます。目を見て話せないのでは、相手に信用してもらえず、相手から聞きたい話を引きだせません

先ほども説明したように、目を見て話せないのは、自分の自信の無さの表れです。そして、自信を持って相手の目を見られるようになるには、成功体験を重ねるのが早道です。まずは、これまでお伝えしたような簡単なことで回数を重ねていきましょう。ちょっとでも相手の目を見て話せた、という経験が重要です。この経験を重ねることで、自信がついていきます。さあ、逃げずに自分の心を開いて相手の目を見て話しかけてください。きっと相手は、それに答えてくれます

 

いかがでしたか。目を見て話せない人に、ぜひ、心掛けてほしい会話のコツについてお伝えしました。

会話は言葉のキャッチボールとも言われています。しかし、片方に会話をする気が無ければ、会話は成り立ちません。目を見て話せないでいると、相手に会話する気が無いと思われてしまいます。自分に会話する気があっても、目を見て話せないばかりに、うまくいかないこともあります

相手の目を見て話すことは、自分の心を開くことです。自信の無さが自分を縛っている限り、自分の心は開けません。なお、相手の目を見なくても会話を続ける方法はあります。そんな会話のコツを実践するのも自信をつけるには良いでしょう。地道に続けることで、目を見て話せない自分を克服できることでしょう。

まとめ

目を見て話せない人に心掛けてほしい会話のコツとは

・相手を向くことで、聞く姿勢をアピールしよう
・目を合わせやすい人から始めてみよう
・まずは、挨拶の時に目を合わせてみよう
・目を見る回数を増やすなら、相手の話す時がおすすめ
・相手の目を見る回数を増やすことで自信をつけよう


連記事