注意力がないのには理由がある!見直したい7つの行動

注意力がないのには理由がある!見直したい7つの行動
注意力がない状態で作業を続けると、何度も失敗を繰り返してしまい負のループから抜け出すことが難しくなってしまいますよね。「注意力がないのを治したい」と思っていても方法が分からず、改善することを諦めてしまっていた人もいることでしょう。しかし諦めるのはまだ早いです。

生まれつき注意力がない人も存在しますが、そうした人でも日常生活の中にほんの些細な方法を取り入れ繰り返すことによって習慣化させてれば、注意力は確実に培われていきます。注意力を身につけることによって時間のロスが削減されて、パフォーマンス力を大きく伸ばすことができるのです。

そこで今回は、注意力がない人が見直したい行動の中でも今日から実践することのできるオススメの方法をお伝えします。

確認をしよう

注意力がない行動には、確認作業を行うことが習慣化されておらず、行われていないことが原因の1つに挙げられます。

外出する時の持ち物の確認や作業の確認をしっかりと行うことで、事前にミスを防ぐことができるので、常に確認作業を行うことを意識して習慣づけましょう

確認する際には、実際に声に出し、指をさして確認することで、目と耳の両方で確認することができます。また、紙に書き出して確認作業を行うことも効果的です。

 

作業環境を整えよう

作業環境が散らかっていると、必要のないものが視界に入り無意識に脳が情報化してしまい、注意力がない原因になります。

注意力を持続させるためにも、机の上には作業をするのに最低限必要なものと、集中力の向上に効果のある緑色の観葉植物を置いて、常に整頓された綺麗な状態を保ちましょう。

きちんと整頓された環境での作業は、視界から入る情報も制限されて書類などのものを探す時間も大幅に減るので、他ごとで集中力が途切れなくなります。

 

優先順位をつけよう

行わなければいけない物事が多数ある場合には、優先順位をつけることで注意力が散漫にならないようになります。

この順位付けによって、他の物事についての情報が一度頭から離れるので集中することができます。その結果、注意力がない状態で作業することがなくなります。

「納期の期限が早いもの」 「重要性緊急性の高いもの」などで順番を決めて、その場ですぐに終えることができる仕事が追加された場合には、後回しにせずに済ませましょう。

 

メリハリをつけよう

注意力がないと感じた時には、無理に作業を進めるのではなく一度休憩することも大切です。

1~2分の休憩でも構わないので、お手洗いに席を立ったり、お茶を飲むだけでも作業中の緊張状態の続いていた体をリラックスさせることができます。

休憩中には仕事のことを考えないように頭から切り離し、仕事をしないことによってメリハリをつけましょう。心と体をしっかりと休めると作業に入る時に集中力が上がるので注意力が持続します。

 

生活習慣を見直そう

生活習慣の乱れを改善すると注意力がないことで引き起こしてしまうミスが少なくなります。

質の良い睡眠がとれていないと頭がぼんやりとして注意力が散漫になり、パフォーマンス力に大きく関係するので、睡眠前にはリラックス効果のある入浴をしたり携帯などの刺激を遠ざけましょう

食生活では、タンパク質を多く摂取するようにして炭水化物の少ない食事をとり、ゆっくりとよく噛んで食事をすることで脳によい刺激を与えましょう。

 

ストレッチを取り入れよう

作業中に時々、体を動かさなければ集中力の低下の原因である脳内の神経伝達物質のアドレナリンやドーパミンの減少がおき、注意力がない状態を引き起こします。

ストレッチのように、激しい運動ではなくても神経伝達物質を作り出すことができるので、脳を活性化させて頭が冴える他にも、首から腕までを伸ばすことで目の疲れや肩凝りを和らげる効果があります。

この時、ゆっくりと痛いけど気持ち良い程度に伸ばし、呼吸を止めないように気をつけましょう

 

アロマテラピーを取り入れよう

植物のもつ香りや有効成分が凝縮された精油を使うアロマテラピーは、香りが脳を刺激して集中力を高め注意力を持続させる働きをもつので、精油を活用しましょう。

集中力を高めるために代表な香りは「レモン」「ユーカリ」「ローズマリー」などが挙げられるので、他にあわせもつ効能や好きな香りで選びましょう。

選んだ精油をティッシュやハンカチに1~2滴落とし手にもち香りを深く吸入することで、より高い効果を得ることができます。

 

さて、注意力がない原因を改善する方法の中でも、生活の中に取り入れやすい7つの行動を厳選してお伝えしました。挙げた方法の中には「当たり前の行動」だと感じるものもあるでしょう。しかし、継続して行わなければ意味がありません

注意力がない原因の根底には日頃の生活習慣の乱れが関係しているので、改善した生活習慣の中に、3分でもよいので必ずデスクを片付けたり、1日の終わりには、明日行わなければならないTo do リストを作成する習慣を取り入れることによってシンプルな環境を維持して作業効率を大きく上げることができます。

小さな日々の積み重ねを習慣化させることによって、注意力がない状態が改善されて精神的負担の少ない充実した生活を送りましょう。

まとめ

注意力がない時に見直したいこととは

・作業を終えたら必ず確認して見落としをなくそう
・作業環境を整えて注意力が散漫にならないようにしよう
・物事に優先順位をつけて頭をクリアにしよう
・作業と休憩の時間は短くても切り離して過ごそう
・生活習慣を正して睡眠と栄養をしっかり摂って注意力を補おう
・ストレッチで血行をよくして神経伝達物質を増やして注意力を持続させよう
・香の効果で注意力が高まるように体外からも脳へ刺激を送ろう


連記事