もうすぐ出番!人前で緊張しないためにできる5つの克服法

もうすぐ出番!人前で緊張しないためにできる5つの克服法
世の中には『人前に出ると過剰に緊張してしまう性格を克服したい!』と懇願している方は少なくないですよね。大事な場面であれば緊張するのは当然のことですが、そのせいで実力が発揮出来ない、或いは大失敗してしまうことほど、悔いが残ることはないでしょう。失敗したくない、上手くやりとげたい、そんな風に願えば願うほど事態は思わぬ方向へ向かってしまうものなのです。

そんな時『肩の力を抜いて』などと言いますが、どんなにそれを意識しても、そんなに簡単にマインドコントロールは出来ず、人前での緊張を克服するのは非常に難しいのです。そこで、今回はもうすぐ出番!人前で緊張しないためにできる5つの克服法についてお伝えします。



 

もうすぐ出番!
人前で緊張しないためにできる5つの克服法

 

自分に自信を持ちましょう


人前で緊張してしまうのを克服したいと思うなら一番大事なのは、自尊心や自己肯定感を持つことです。自尊心や自己肯定感というものは、自分という人間の存在価値をしっかり見出している感覚です。

自分に自信を持つということは、なにより自分のことが好きにならなくてはいけません。自分と向き合って優れたポイントを見つけてあげなければいけないのです。

常に自分を過小評価する癖がついていれば自信はもちろん、人前に出る勇気も持てなくなるのも仕方ありませんよね。

人前で緊張しない、過剰な緊張を克服するには、自分の持っている力や能力を強く信じる姿勢が大事なのです。

 

冷静な目で自分と向き合いましょう


同時に冷静な目で自分を眺めてみることも、とても大事なポイントです。自信はとても大切ですが、自信過剰は万が一失敗した時に大きなダメージを残します

完璧な人間などそう滅多にいるものではありません。人は出来ることもあり、出来ないこともあって当然なのです。

そこで是非持っていたいのが『自己効力感』です。それは、自分には何が出来て、何が出来ないのかちゃんとわかっているかどうかということです。

普段から素直な気持ちで自分自身と向き合って、本来の自分の能力を確信していれば人前での過剰な緊張感を克服してくれることでしょう。

 

腹式呼吸を意識した深呼吸をしましょう


人前にでる緊張を克服するためには、大きな深呼吸が効果的です。肩の力を抜くのにはこれほど良いものはありません。

更には緊張からくるドキドキをおさえ、浅く早い呼吸を通常の状態に整える効果もありますので、必ず深呼吸をしてみましょう。

そこで是非意識すべきポイントは肋骨を大きく広げて息を吸う胸式呼吸ではなく、腹式呼吸をすることです。

全身の力を抜いてリラックスして、口から息を全て吐きだします。次に鼻から息を吸んで出来る限りお腹に空気を送り込み思いっきり膨らませます最後は膨らんだお腹から全ての空気を出し切る意識で口からゆっくりと息を吐きます。この腹式呼吸を意識した深呼吸が人前での緊張の克服法です。

 

『完璧』より今、すべきことを意識しましょう


とは言え、人前での緊張克服ばかりに捉われることは、更に緊張を増幅してしまうことになりまねません。

その時、おそらく意識は人前で声が震える、言葉がスムーズに出ない、赤面してしまうなどマイナス要因ばかりにいっているのでしょう。

人は誰でも成功したい、上手くやりたい、多くの人から褒められたいと思うものですが、それが出来なかった時のこと、つまり『失敗』をイメージするから過剰に緊張してしまうのです。

完璧にやりきることを意識するよりも、今、自分がしなければいけないこと、伝えなければいけないことに意識を集中させてみて下さい。

成功するための準備や練習を充分にしておくこと。その準備や練習の成果を自分の自信とし、その全てをこの場で全て出し切り、伝えるべきことを余すことなく伝えることに全力を注ぐのです。

緊張している場合ではない、すべきことをする!そんな気持ちの強さが人前での緊張克服の一番の方法です。

 

自己暗示『おまじない』を決めておきましょう


人は案外『思いこみ』に弱い生き物ですよね。昔から大一番、人前であがりそうだと思ったら掌に『人』の字を書いて3回飲むなんて『おまじない』が効くとよく言われたものです。

冷静な時なら「そんな訳ないでしょ?」って笑って済ませてしまいますが、実際にそんなシーンになれば藁をも掴む気持ちでつい頼ってしまうのがおまじないです。

確かに、たったそれだけでも気持ちが楽になった経験をお持ちの方も少なくないでしょう。思い込みやおまじないは、実は人前での緊張を克服するのに、とても効果的なのです。

それを『プラシーボ効果』といい、これを利用して、人前でのひどい緊張を克服してみてはいかがでしょうか。

自分だけの『おまじない』を作ってみることで、大事な場面ではそれを使い自己暗示をかけてポジティブになるのです。

例えば、お守り的なアイテムをひとつ決めて、大切な日の朝は必ずそれを握りしめて「大丈夫!出来る!」と3度唱えるなどです。

それは、なるべく抽象的なものではなく、具体的なアイテムや言葉など、自分ならではのおまじないにするとより効果的です。

 

いかがですか。以上がもうすぐ出番!人前で緊張しないためにできる5つの克服法です。つまり『緊張』という気持ちと正面から向き合ってみることが一番大事だという事です。

人前にでて過剰に緊張する気持ちを克服したいのなら、自分自身が自信に満ちていることが何より大切なのです。

発表する内容も話し方も表情も態度も、全てに於いて『自分はこれで良い!』と納得できていれば決して緊張でガチガチになって言葉が出ない、なんてことはありません

それら全てが整っていなくても、その中の1つでも自信を持てることがあれば緊張は大分緩和できるのです。

同時に必要以上に失敗を恐れないこと、つまづいても立ち直る強い気持ち、それが何より大事ですよ。

まとめ

人前で緊張しないためには

・自分に自信を持ちましょう
・冷静な目で自分と向き合いましょう
・腹式呼吸を意識した深呼吸をしましょう
・『完璧』より今、すべきことを意識しましょう
・自己暗示『おまじない』を決めておきましょう