集中力をつけるトレーニング!今からでも身に付く実践法

集中力をつけるトレーニング!今からでも身に付く実践法
仕事も勉強もなかなか集中できずに悩んでいる人は、簡単に始められる「集中力をつけるトレーニング」があるなら試してみたいと思いますよね。集中力があれば、短い時間で仕事をこなすことができるし、また、難しい課題に取り組んでも、解決案を考え出すことが容易になることでしょう。

しかし、集中力を付けるには、コツコツと短い時間でも長く続けなければなりません。そのため、なかなかトレーニングを続けられず、集中力が身につかない人も多いのが現実です。では、どうすれば、集中力をつけるトレーニングを長い期間続けられるのでしょうか。

人の脳は以外と飽きっぽく、すぐに他に興味が移ってしまうものです。しかし、少しづつ訓練を積めば、1つのことを長く続けられるようになります。長く続けるための幾つかのコツさえ掴めば、誰でも集中できるようになります。そこで今回は、集中力をつけるトレーニングで、ぜひ、実践したいやり方をお伝えします。



 

集中力をつけるトレーニング!
今からでも身に付く実践法

 

まずは短い時間でも1つの事に集中しよう


集中力をつけるトレーニングで、まず、始めてほしいのは、最初は15分の短い時間でもよいので、ひとつの事に集中する練習です。人は新しいものがあると、自然とそっちに興味が移ってしまいます。しかし、訓練することで、誰でも1つのことに集中できるようになります。

集中すると決めたら、まずは、それ以外に興味を持たないような環境を作りましょう。机に座って、いろいろな物が目に入るようでは集中できません。また、日中よりも暗くなる夜の方が、脳への刺激が少なく集中しやすいのでおすすめです。そして、1つのことに集中していることを、常に意識してみましょう。最初は、なかなか続かないかもしれませんが、毎日少しずつ集中力をつけるトレーニングを意識して始めるだけで、誰でも集中できるようになります。

 

集中する時間を決めよう


集中力をつけるトレーニングは、とにかく長い時間やればというものではありません。逆に長すぎると脳が飽きてしまい、自分で意識しないうちに違うことを考えはじめます。それでは、いつまで経っても1つのことに集中できません。特に、集中力を付けるトレーニングを始めたばかりのころは、決まった時刻から15分という短い時間でもよいので、一定時間集中することが大事です。思い付いたらやる、というのはよくありません。時間を決めて、この時間は集中してやる、という計画を立てて実行しましょう。

1時間集中したら、次の1時間はゆっくりするなど、メリハリを付けるのも重要です。集中力をつけるトレーニングは、集中する時間を決めて、それを計画的に続けていくものだと理解してください。

 

自分なりのルーティンを作ろう


集中力をつけるトレーニングを始めようと思っても、それまでやっていたことが気になって、集中できない、ということもよくあります。人は機械のようにスイッチが入ったら、それだけやれるようにはできていません。

よく高い集中力が求められるプロスポーツ選手は、自分なりの儀式を持っていて、その儀式を行うことで集中力を高めています。例えば、ラグビーでゴールキックを決める五郎丸選手は、ボールを蹴る前に集中を高める独特のポーズで話題になりました。そんな自分なりの儀式があれば、気持ちを切り替えて集中力をつけるトレーニングを始められます。儀式というと難しく思えるかもしれませんが、簡単なことで良いのです。集中力をつけるトレーニングに移る前の準備などのルーティンをその儀式にできれば、うまく気持ちが切り替わりますコツは始める前に意識して同じことをやることです。長く続けていれば、それが自分だけの儀式になって集中できるようになります。

 

少しずつ集中力を伸ばしていこう


集中力をつけるトレーニングは、短い時間1つのことだけをやると意識して始めるのがポイントです。短い期間で集中力を付けようと、始めから1時間以上の長い時間に挑戦しても失敗するだけです。人の脳は1つのことにすぐに飽きて、別のことを考え始めます。しかし、集中力をつけるトレーニングによって、飽きずに長く続けられるようになります。

とはいえ、このトレーニングには長い期間がかかります。1時間以上の長い時間集中できるようになるには、15分を30分に、30分できたら45分、1時間と少しづつ集中できる時間を伸ばしていくことが大事です。勉強や仕事ができる人の多くは、若いころに長い時間1つのことに集中する訓練を積んでいます。集中力をつけるトレーニングを続けて、そんな人たちが持つ能力を手に入れましょう。

 

成功した自分をイメージしよう


集中力をつけるトレーニングは、地味で効果がなかなか実感できないものです。油断すると、つい甘えが出てサボってしまいがちです。そんな普段ならやりたがらないことを続けるには、自己暗示が効果的です。

例えば、受験生が机の前に「合格」という文字を貼って勉強するのは、効果があることです。それは、「合格」の字を見るたびに、受験に受かった自分をイメージして、それに向けて勉強しよう、という気になるからです。もし、何か目標があって集中力をつけるトレーニングを始めたら、それを達成した自分をイメージできる文字や絵をすぐ見える位置に貼りましょう。おすすめは、集中力をつけるトレーニングができたらカレンダーにシールを貼る方法です。この日までは続けようとやる気が出るし、これだけ続けられたのだから、もっと続けられる、と思えてきます。そして、目標とする日まで続けられたら、それが成功体験となって新たにやる気が出てきます

 

いかがでしたか。集中力をつけるトレーニングで実践したい、長く続けるコツについてお伝えしました。

集中力の高い人と低い人とでは個人差が大きく、それが勉強や仕事の能力の差にもなっています。しかし、訓練によって誰でも集中力を高めることができます。もしあなたが、集中力が低いと自覚しているのなら、賢く訓練して集中力を付けてしまいしょう。それで、勉強ができるようになるかもしれません。また、今より良い仕事ができるようになれるかもしれません。

しかし、集中力をつけるトレーニングは、長く退屈なことが多いもの。多くの人が挫折しています。そうなる前に、ここで紹介したやり方を実践して、賢く高い集中を身に付けましょう。成功した自分を目指して、ぜひ、今日から始めましょう!

まとめ

集中力をつけるには

・環境を整えて、まずはひとつの事だけやってみよう
・最初は決まった時間に短い時間だけ集中してみよう
・集中する前のルーティンを作って、気持ちを切り替えよう
・いきなり長い時間ではなく、少しずつ集中力する時間を延ばしてみよう
・成功した自分をイメージしながら続けてみよう