友達がいない…寂しいと思ったら起こしたい5つの行動

友達がいない…寂しいと思ったら起こしたい5つの行動
子供の頃から大人になった今まで友達がいない寂しい人生を送ってきたと後悔している人。今後も友達がいない、そのせいで寂しい思いをし続けるのかと思ったら、つらくなってしまいますよね。これまでずっと友達を作れずにいたのだから、これからもきっと一人だろう……と思うのはまだ早いです。友達はいくつからでも作れるものだということをご存知でしょうか。

もちろん、死ぬまでずっと喜びも悲しみも分かち合うような大親友と出会える可能性は高くないですが、困った時に助け合ったり、一人では寂しい時に付き合ってもらう程度の友達なら作るのは実は簡単です。友達がいない孤独を抱える人の中には、そんな友達を作る方法を知らないだけの人が多いようです。

そこで今回は、友達がいないことで寂しい思いをしている人がするべき行動についてお伝えします。



 

友達がいない…寂しいと思ったら
起こしたい5つの行動

 

大親友を作るのは諦めよう


まず、最初に厳しいことを申し上げますが、大人になってから死ぬまで縁が続く大親友を作るというのはとても難しいものです。自分の意志で大親友を作ろうというのは諦めた方が良いと思って下さい。

そもそも、親友というのは作ろうと思って作るものではなく、自然発生的にできるものです。そのため、あなた自身が親友を作るために頑張らなくてもご縁があればその関係は一生続くのです。

逆に、自分から「親友が欲しい」とガツガツしすぎると、「あの人、きっと友達がいないせいで相当寂しいのね」と敬遠される原因になります

 

昔の同級生の現状を調べてみよう


友達がいない寂しい気持ちを抱える人は、学生時代にも友達と呼べる人がいなかったということですよね。でも、いじめや不登校があったわけではないのなら、学生生活の中で会話を交わしたことがある人は何人かいるはずです。

そんな人々を思い返し、今思えば嫌われていなかった、友好的に接してくれていたという人の現状をSNSなどで調べてみましょう。小、中の同級生なら、実家に帰ってそれとなく家族に聞くだけで分かってしまうことも多いです。

そんな昔の知り合いと連絡を取ったり、実家の近辺を散歩して様子を伺ったりしてみて下さい。誰でも大人になると昔の知り合いに懐かしさを覚えるものなので、再会してしまえば交流しやすくなります

 

習い事やサークルを始めよう


過去に良い思い出がないとか遠く引っ越してしまったとかで昔の同級生とのご縁が難しいという人は、新しい友達を作ることに専念します。手っ取り早く友達がいない寂しい時間を吹き飛ばすには、習い事や趣味のサークル活動を始めるのが一番です。

大人になってからの習い事には幅広い立場や年齢層の人が参加しています。でも、目指すものや趣味が同じという共通点があるのですから、比較的仲良くなりやすいですよね。

習い事やサークルの場で楽しく会話するだけでも友達がいない寂しい心が紛れますし、あわよくば課外にお茶を飲みに行ったり、遊びに出かけたりできる可能性もあります。孤独を持てあますくらいなら、その時間を趣味に費やして友達作りをしましょう

 

行きつけのお店を作ろう


カフェや雑貨屋さんなどで知り合った人と友達付き合いをするというのは、ドラマや小説の中だけのことと思っていませんか?実際はそんなことはなく、現実でもそんな出会い方をして交友している人々はたくさんいるものです。

店員さんはいつも訪れるお客さんに感謝と親しみをもって話しかけてくれます。また、同じ時間に訪れるお客同士でも顔を覚え、「いつもいますよね」というような会話が交わされることもしばしばあります

最初はただ会話するだけで終わるかもしれませんが、親しくなるうちお店のイベントに誘われたり、常連同士で楽しい時間を過ごすようになったりと、友達関係へとつながる道が伸びていきます

 

周りを見回し、本当に友達と言える人がいないか確認しよう


これまでのお話のうち、1つは考え方、3つは具体的な行動をお伝えしました。でも、本当にして頂きたいことは、「本当に友達と呼べる人がいないのか考え直す」ということ。もしかしたら壁を作っているのは自分の方で、周囲はあなたを友達だと思っている可能性もあるからです。

世間では顔を合わせて世間話する程度、もっと薄い関係のスマホに番号が登録されているだけの知り合いも「友達」と呼ぶ人の方が多いです。そんな友達なら、きっとあなたにもたくさんいるのではないでしょうか。そう考えると「自分だけ友達がいない」と寂しい思いをする必要も無くなりますよね。

友達は欲しくなくてもできるものです。見方を変えれば、あなたにも友達と呼べる人が何人もいるはずです。

 

いかがでしたでしょうか。今までずっと友達がいない、寂しいという人がするべき行動や考え方についてお伝えしました。

友達がいない、でも寂しいという人はシャイで控えめな人が多いことは確かですが、人間的に問題があるわけではありません。つまり、勇気を持って行動さえ起こせば、信頼できる友達を作ることは不可能ではないということです。

「その肝心の勇気が出せないんだよね……」と悩む人もきっと多いでしょう。でも、少しの勇気を出して受け入れてもらえれば、あなたを苦しめる孤独もすぐに吹き飛んでしまうはずです。

世間には、親しみをもって接してくる人を受け入れてくれる人の方が多いです。だから勇気を出して、新しい友達を作れるように踏み出しましょう。

まとめ

友達がいない寂しい気持ちを解消するためには

・大人になってから大親友を作るのは諦めよう
・昔の同級生の現状を調べてみよう
・習い事やサークルを始めよう
・行きつけのお店を作り、そこで知り合いを作ろう
・周りを見回し、本当に友達と言える人がいないか確認しよう