コミュニケーション下手を克服する5つの積極的アプローチ

コミュニケーション下手を克服する5つの積極的アプローチ
自分はコミュニケーションが下手だから、ついつい消極的になってしまう……。そんな悩みを抱える人は、多いですよね。でも、コミュニケーションが下手だからと誰かが話しかけるのを待っているようでは、いつまでもコミュ力が付きません。それどころか、コミュニケーション下手をこじらせてしまい、どんどん人と接するのが苦手になってしまう恐れだってあります。

コミュニケーション力を向上させるなら、早めに取り組むに越したことはありません。こじらせると対処が厄介になるばかりですから、できれば苦手意識が芽生えてすぐに克服に乗り出した方が良いのです。

そこで今回は、コミュニケーション下手な人がするべき、コミュ力向上のための積極的なアプローチについてお伝えします。

自分から挨拶をしよう

誰にも声を掛けられないというくらいのコミュニケーション下手なら、おはよう、さようならなどの挨拶をすることから始めましょう。これらは幼稚園や小学校でも教える、コミュニケーションの基本の「き」です。

いきなりハードルを上げると気持ちが付いていかなくなってしまうので、最初のうちは、相手に聞こえる声で挨拶ができれば良いことにします。そして、相手から返事がもらえれば大成功と考えて下さい。

挨拶は毎日しなければいけないことですから、人と会う機会があるなら必然的に訓練することになります。人を避けたり億劫がったりせず、自分から元気よく挨拶するように心がけましょう

 

「無視は不自然かな」と思ったら必ず声掛けしよう

誰かと目が合ったとき、ばったり会ったとき、コミュニケーション下手のせいでついつい知らんぷりしてしまった経験はありませんか?こうして人を避け続けていると、そのうち他人を無視することに慣れ、どんどんコミュニケーションができなくなっていきます。

ですから、積極的な訓練の一環として、誰かと目があったり顔を合わせたりしたら、必ず自分から声を掛けるようにして下さい。相手がこちらに気付いているようなら、無視するのは不自然です。

誰かに相手に声を掛けてもらうのを待つのではなく、自分から声を掛ける癖を付けることでコミュニケーションの力は付いていくものです。

 

相手を楽しませることを意識して話そう

誰かと会話することになったとき、何を考えながら話しているでしょうか。「早く終わってほしい」なんて考えながら、パッとしない受け答えを繰り返してはいませんか?

会話を早く切り上げたい気持ちは、思いのほか態度に出てしまいます。それを出さないためには、心から相手を楽しませるつもりで会話に臨むこと

相手が好きそうな話題を選び、相手が求めるリアクションを取り……と、接待する気持ちで会話に参加すれば、必ず話す相手に好感を持たれます。好感が持たれれば場が楽しくなるので、会話の苦痛を感じにくくなるのです。

 

必要無くても連絡先を聞こう

メールやメッセージアプリのIDなどは、今では下心が無くても当たり前のことになりました。でも、コミュニケーション下手だと「ウザがられるかも」「断られたらどうしよう」などと余計なことを気にして、なかなか聞くに聞けないのですよね。

だからこそ、コミュ力向上のためには相手の連絡先を聞く習慣を付けるべきなのです。今は誰でも連絡先の交換をしているのですから、聞いたからと言って必ず連絡しなければいけないことにはなりません

コミュニケーション下手を克服するためには、連絡先を簡単に聞けるようになること、そして断られても怯まない強いメンタルを身に付けることが大切です。誰にでもフランクに個人情報を聞けるようになれば、コミュ力が上がっている証拠です。

 

会話の間は「楽しい」アピールをしよう

コミュニケーション下手な人は、人との交流の中で自分の感情を出すことが苦手です。褒められた時に素直に嬉しい顔ができないとか、嫌なことを言われたときに怒れないとか。そんな心当たりがある人は少なくないですよね。

会話の中に自分の感情を出すことは、相手と打ち解けるために欠かせない要素です。でも、怒りや不満などの負の感情は出し過ぎてはいけません。まずは手始めに、会話そのものが楽しいというアピールができるようになりましょう。

もちろん不愉快な話、悲しい話の時はそれに合った態度が必要ですが、雑談や笑い話の最中は、心から楽しんでいる顔をするように意識してみて下さい。

 

さて、コミュニケーション下手を克服するための積極的な行動についてお伝えしました。

ここでお伝えした方法は、普段は人と話すことを避けている人には少々ハードルが高い部分もあるでしょう。でも、コミュニケーションが当たり前にできる人たちは、普段から普通にこなせていることばかりなのです。

つまり、これらのアプローチをクリアして初めて、コミュニケーションに悩みを持たない人と同じラインに並ぶということです。コミュニケーション上手になるためには、ここからさらに努力が必要になります。

ですが、まずはスタートラインに立てるようにするのが先決です。どれも難しいことではないので、勇気を出して積極的な行動に出られるようになりましょう。

まとめ

コミュニケーション下手を克服するためには

・誰にでも自分から挨拶をしよう
・「無視は不自然かな」と思ったら必ず声掛けしよう
・相手を楽しませることを意識して話そう
・人に慣れるため、必要無くても連絡先を聞こう
・会話の間は「楽しい」アピールをしよう


連記事