話し下手な人の特徴。会話上手になるための5つの道のり

話し下手な人の特徴。会話上手になるための5つの道のり
「話し下手な人の特徴」というと、誰でもいくつか思いつきますよね。空気が読めない、言葉が少なすぎる……と、残念な特徴を持っている人は少なくありません。

話し下手の特徴を満たしている人は会話への苦手意識を強く持つ人が多いですが、中には、自分が話し下手だという自覚が無い人もいます。誰が相手でも、話題を選ばずもれなく話が弾まないということなら、それは残念ながらその人の会話スキルに問題があると考えた方が良いでしょう。

でも、冒頭で述べた「話し下手な人の特徴」を出さないように気を付けるだけで、会話スキルは少しずつレベルアップしていきます。最初から見違えるような話し上手になることは難しいですが、訓練を積めばスムーズな会話を自然にできるようになるはずです。

そこで今回は、話し下手な人の特徴とその改善方法についてお伝えします。

 

話し下手な人の特徴。
会話上手になるための5つの道のり

 

空気を読まない

話し下手の特徴として誰もが思いつくのがこれではないでしょうか。「空気を読まない」と言うと漠然としていますが、具体的には周囲が話に乗ってきていないのにその話題を続けるとか、相手が急いでいる雰囲気を出しているのに話を切り上げられないなどです。

つまり、「空気を読まない=相手の様子を見ない」ということ。これを克服するためにはたくさんの人との会話を重ねて経験を積み、その都度自分の話し方はどうだったか、相手の態度はどう変化したかなどを復習することです。

空気を読めないことは生まれつきのものだと思われがちですが、訓練次第でいくらでも読めるようになります

 

言葉を発するまでに時間がかかる

世間では話し下手の特徴=口下手という印象が強いですよね。良く言えば慎重に考える性格、悪く言えば頭の回転が遅いタイプがこれに該当します。

「話が弾む」という表現がある通り、会話はテンポ良く言葉を発し合うことで楽しい雰囲気を醸し出すものです。発する言葉がたとえ無意味なものばかりであっても、沈黙が続くよりもずっと有意義な時間に感じられます。

言葉が少ない、または意見を求められてすぐに返すことができない人は、漫才やバラエティ番組などを見て、テンポの良い掛け合いについて学びましょう

 

自分の意見ばかりを言う

話し下手の特徴は口数が少ないだけではありません。人によっては話しすぎることで敬遠されてしまうこともあるのです。

自分に発言権が回ってきたら「しめた」とばかりに演説を始めるような人っていますよね。相手に意見を求めるでもなく、自分が思ったことばかりを延々と話し続けるようでは周囲を白けさせるのは当然のことです。

討論する場では自分の思いを言葉にするのは大切なことですが、他愛ない会話の場面でそれをやってしまうと「あの人の話、つまらない」というレッテルを貼られてしまうだけです。発言はツボを押さえつつ簡潔に、を心がけるようにしましょう。

 

文脈を考えず脊髄反射で応答する

先ほど、間を置かずに返答できるようになるべきだとお話ししましたが、返答を焦るあまりに話が繋がらないことを言ってしまうのは良くありません。話し下手の特徴として意外と多くみられるのが、「話の前後を考えずに脊髄反射で答える」というものです。

さっきは好きだと言っていたのに次は別な人に話を合わせて嫌いだと言ったり、行ったことも無いのに「あそこいいよね~」と知ったかぶりしたり……と、自分の考えなしで話を進めようとすると、相手には「???」と思われるばかりです。

相手に合わせることは会話において大切なことですが、合わせすぎて話が繋がらなくなってしまうのは却って印象が悪いです。思い付きで合わせるよりも、筋の通った話をするように心がけるようにしましょう。

 

自分の興味が周囲と著しいズレがある

周囲に「変わった人」「話が合わない」と思われがちな人は、自分にとって興味深いことが世間と大きくズレている可能性があります。話を遮って「そんなこと聞いてどうするの」というようなことをしつこく尋ねたり、みんなが盛り上がっている話題に対して「それより○○が気になるんだけど」とズレた発言をしたりすることはありませんか?

興味の対象は個人差があるので矯正することは難しいですが、その場で皆が興味を向けているものに合わせることは困難ではないはずです。まずは、自分の興味が他の人とズレていることを自覚して、他の人はどんなものに興味を抱くのかを研究するようにしましょう

話し下手の特徴の中では一番克服が難しいものですが、相手をじっくり観察していれば、誰とでもスムーズに話を弾ませられるようになります。

 

いかがでしたでしょうか。話し下手な人の特徴、そしてその改善方法についてご説明しました。

普段からどうも会話が弾まないとお悩みの人は、一つくらいは当てはまるものがあったのではないでしょうか。もしかしたら、5つとも心当たりがあるという人もいるかもしれません。

でも、この話し下手の特徴に当てはまったからと言って落ち込む必要はありません。ここで挙げたものは、全て個人の努力次第で克服できるものばかりだからです。

生まれつき話し上手な人は実はそう多くはありません。大半は訓練と研究を重ねて会話スキルを向上させているのです。ですから、今は話し下手で会話に苦労している人も、地道に訓練すればたくさんの人を楽しませられる話し上手になれることは間違いないでしょう。

まとめ

話し下手な人の特徴は

・空気を読まない
・自分の意見ばかりを言う
・言葉を発するまでに時間がかかる
・話を合わせすぎ、文脈を考えず脊髄反射で応答する
・自分の興味が周囲と著しいズレがある


連記事