コミュ障さんのトラブル回避法!長くバイトを続けるには

コミュ障さんのトラブル回避法!長くバイトを続けるには
自分はコミュ障のせいでバイトが長く続かない、そんな悩みを抱える若者は少なくないはず。たかがバイトだとしても、人格否定されたような気持ちになってしまいますよね。正式な社員と違い、いつでも辞められるがバイトの良いところです。ですが、気安い就労形態だからこそ、周りとうまく行かないせいで辞めざるを得なくなることもあるものです。特に、コミュ障の場合はバイト先でのトラブルが多くなりやすいため、自分から辞めたくなることも多いでしょう。

でも、人それぞれのお金の事情によってはコミュ障でもバイトを続けなければいけない事態もあるはずです。そこで今回は、コミュ障がバイトを続けるための心構えやトラブル回避法についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

コミュ障に効く5つの治し方☆ココさえできれば大丈夫!

コミュ障に効く5つの治し方☆ココさえできれば大丈夫!
自分はかなり重度のコミュ障で、どんな治し方も効果が無かった……と落ち込んでいる人はきっと多いですよね。そう、コミュ障は個人の性格によるものが大きいため、簡単に治せるとは言えないのです。

ところで、コミュ障の人の悩みは、「知らないうちに人に嫌われてしまう」「距離を置かれてしまう」などが多いのではないでしょうか。つまり、周囲の反応など関係なく自分の振る舞いを思い返して自己嫌悪するというよりも、周囲に「コミュ障の人」と思われるのが怖いということです。

そんな悩みを抱える人は、まずは他人と接する際のルールを覚えていきましょう。コミュ障の治し方としては初歩の初歩ですが、それだけで「周囲に不快感を与えない人」になることは可能です。

そこで今回は、周囲からの孤立を防ぐためのコミュ障の治し方として、基本的なことをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

今すぐコミュ障を脱出するには?人付き合い5つの極意

今すぐコミュ障を脱出するには?人付き合い5つの極意
自分はコミュ障だから誰とも関われない、人間関係を築くことは難しい……と諦めている人は多いですよね。でも、その諦めこそがコミュ障から脱出するチャンスを奪っているということをご存知でしょうか。

いわゆる「コミュニケーション障害」ではなく、悪口や自虐で言われる「コミュ障」は、実際は脳や精神に問題が無い人に対して言われる言葉です。つまり、その定義は実に曖昧なもののため、本人がその気になれば克服はそれほど難しいことではないと考えられます。

でも、一度苦手意識を抱えてしまうと、新たにコミュニケーションを取るための行動がしにくくなるのもまた事実です。だからこそ「自分はコミュ障だから……」と諦めに入ってしまうのでしょう。

コミュ障から脱出するためには諦めないこと、そして地道な行動をとることです。そこで今回は、コミュ障脱出のための人付き合いのコツについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

私コミュ障かも…と思ったら心掛けたい5つの言動

私コミュ障かも…と思ったら心掛けたい5つの言動
周囲とのコミュニケーションへの強い不安や、対人関係の悩みなどが続くと、「私はもしかしてコミュ障かも?!」という考えがよぎることがありますよね。そう思っても周囲に「私ってコミュ障?」とは確認しにくいですし、聞かれた方も答えにくいはず

自分がコミュ障かもしれないと思ったら、本当にコミュ障なのかどうかを確認するよりも「コミュニケーションをスムーズにする努力をする」「周囲を不快にさせない努力をする」方が大事です。コミュ障だろうとなかろうと、周囲とうまく調和して生きられればそれで問題はないはずです。

努力次第で対人トラブルが避けられるなら、それに越したことはありません。そこで今回は、もしも自分がコミュ障かもと感じたら心がけるべき言動についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

コミュ障の治し方!気持ちがラクになる3つの気付きとは

コミュ障の治し方!気持ちがラクになる5つの気付きとは
コミュ障の治し方を調べて実践して……を繰り返しても、全く改善された気がしない……という人はきっと少なくありませんよね。恐らくお気付きの人もいるでしょう、コミュ障とは簡単に治るものではないのです。

最初からガッカリさせるような結論からお話ししますが、一度コミュ障だと自覚してしまうと、それを改善させるのはかなり難しいものになります。なぜなら、コミュ障は病気などではなく、個人の意識や性格的な部分に依るものが大きいからです。

ですが、コミュ障の治し方が皆無というわけではありません。そのために必要なのは根気と時間と様々なことを自覚する力です。

「自覚する力」と言われてもピンと来ない人もいるでしょう。そこで今回は、コミュ障の治し方の一つとしての「気付き」についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]