飽き性を克服する方法!興味を持続させる心の保ち方

飽き性を克服する方法!興味を持続させる心の保ち方
飽き性だから、何をしてもすぐに興味を失ってしまうということが悩みの人っていますよね。仕事も、趣味も、恋愛も、何でもすぐに飽きてしまって続かないのは、一体何が原因なのでしょうか。

どんなことにも言えることですが、飽きてしまうということは、それを行う人間が興味を持続させることができないということが考えられます。飽き性と言われる人はその傾向が特に顕著で、周囲がどれだけ飽きさせない工夫を凝らしても、誰よりも早く飽きてしまうのです。

そんな飽き性の人でも興味を持って取り組めるようにするにはどうすれば良いでしょうか。それはもちろん簡単なことではありませんが、本人の意識改革次第では、必ず飽きずにやり遂げられるようになるはずです。

そこで今回は、飽き性の人でも飽きずに何かを続けるために必要な考え方についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

あがり症でも怖くない!スピーチを大成功させる5つのコツ

あがり症でも怖くない!スピーチを大成功させる5つのコツ
極度のあがり症だからスピーチやプレゼンは恐怖でしかないという人は、意外と多いはず。でも、あがり症という理由でスピーチを免除してもらうということはまずできませんよね。

人は誰でも、学生のうちに一度や二度は人前で何かを発表する機会があるものです。そして、最初はみんなが緊張して内容を飛ばしてしまったり、噛んでしまったりするのが普通です。それを繰り返すうちに慣れが生じて、いつしか緊張しなくなるものなのですが、何度やっても慣れない「あがり症」と呼ばれる人も一定数存在するのは確かです。

でも、そんなあがり症でも、スピーチで聴く人を引きこんだり、感動させることは可能ということをご存知でしょうか。その技術を極めると、あがり症だということを逆手に取り、慣れた人には出せない味を出すことだってできます

そこで今回は、あがり症でもスピーチを成功させるコツについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

自分に自信をつけるには?日常的に行う5つのアプローチ法

自分に自信をつけるには?日常的に行う5つのアプローチ法
普段から自信満々な人に、「自分に自信をつけるにはどうすればいいの?」と聞きたくなることってありますよね。でも、そんな質問をしたところで、相手にはピンとこない顔をされるのが想像できます。

ある程度の自信というものは本来は成長過程で自然に身につくものであり、それを大きく育てることも誰もが無意識にしているもののため、意図的に自分に自信をつけるにはと尋ねられても、「わからない」という人がほとんどのはずです。それくらい「自信」というものは曖昧で、他の人のケースは参考にならない厄介なものなのです。

でも、子供の頃から自信を持てたことが無い人や、何かのきっかけで自信喪失してしまった人は、「このままではいけない」と焦りを感じることもあるでしょう。そんな人が知りたいのは、今からでも自分に自信をつける方法ですよね。

そこで今回は、日常的にできる自分に自信をつけるための方法についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

自尊心が低い人が積極的になるための5つの心掛け

自尊心が低い人が積極的になるための5つの心掛け
自尊心が低いせいで「世の中生きにくいなぁ…」と思ってしまう事、多いですよね。

そもそも自尊心とは、よい所も悪い所も含めた「ありのままの自分」が『価値ある存在である』と感じることのできる気持ちを言います。

この自尊心が低いという事は、「自分の価値が低い」と思い込んで自信を失い、仕事や人間関係、全てにおいて“チャレンジする精神”をなくしてしまうという事です。そのせいで何事もうまくいきにくくなってしまうのです。

自尊心が低い人の特徴としては、「他人と比較してばかりいる」「他人の評価がないと自信が持てない」「自分の芯がなく流されやすい」「情緒不安定になりやすい」「コミュニケーション能力が低い」といったものがあげられます。自分もそうかも…と思う方は意外と多いのではないでしょうか。

そこで今回は、自尊心を高めることで、損しない生き方をしよう!自尊心が低い人が積極的になるための5つの心掛けについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

高校に友達がいない貴方に贈る7つのアドバイス

高校に友達がいない貴方に贈る7つのアドバイス
「高校に通っているけど友達がいない」って、学生にとってはかなりつらい現実ですよね。

普段から一人での行動に慣れていて、「どこへ行くにも一人の方がラク」と割り切れている人にとっても、高校に友達がいないというのは「学生生活」という面で少し厄介です。

学校祭、体育祭、宿泊学習などはもちろんの事、移動教室や授業中の「二人一組のペア」など、学校の中には『一人になってはいけない状況』がたくさん存在し、そこでいわゆる「ぼっち」になってしまうと、周りからまるで自分が「かわいそうな人」「存在価値のない人」であるような目で見られることになります

自分は一人でいる事に何の不便も寂しさも感じていないのに、「友達がいる事」「大勢で群れている事」が正しくて、「高校に友達がいない事」「一人でいる事」は悪い事だと勝手な価値観を押し付けられて、自分の存在価値を判断されてしまう…これはとても理不尽な事ですよね。

そこで今回は、高校に友達がいない人の心の支えに…高校生活を乗り切るための7つのアドバイスをお伝えします。

[ →続きを読む… ]